『ゼロ年代全景』公式ブログ

あ、ゼロ年代が終わる。

2009年08月 | ARCHIVE-SELECT | 2009年10月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

『ゼロ年代全景』PROJECTスタート!

このブログは『ゼロ年代全景』というオムニバス映画上映のブログです

間もなく、ゼロ年代(2000~2009年)が終わります。そんな訳で最近「ゼロ年代」という言葉がよく聞かれるようになりました。

この年代最後の年に現れた若手新鋭監督による3作品。

ゼロ年代とは、いったいなんだったのか?
その答えが、ここにあるのかもしれません。

9月26日(土)17時からアップリンクファクトリー
プレミア上映があります。



まずは作品を紹介します。

◆『茜さす部屋』

akanesasu 

監督・脚本:星崎久美子 【75min/Digital Video/Stereo】
吉本菜穂子 崔哲浩 大和屋敬 野口逢里 加藤裕月 
星ようこ 津田寛治

マキは負け組29歳。マンネリの同棲生活も、派遣のおシゴトも、もううんざり。子どもを産めば何かが変わるはず!手段を選ばぬ“ご懐妊”大作戦が始まった。


◆『FROG』

frog

監督・脚本:長久允 【65min/Digital Video/Stereo】
本多章一 桃生亜希子 崔哲浩 倉方規安 加藤裕月 豪起 
児玉貴志 小林三四郎

最後の雨から数ヶ月。写真を撮り続ける男、海に塩を撒く男、見守る女、風俗嬢、宗教家etc. 世界の終わりが近づく世界で、彼らが見たものとは?


◆『ブーケガルニ』

buke

監督・脚本:波多野純平 【58min/Digital Video/Stereo】
加藤裕月 杉山文雄 カゴシマジロー 原田裕子 岡優美子 手打隆盛
諏訪太朗 / 並樹史朗

3年前の監禁事件を巡って集まった3人の男女。被害者家族、孤高の週刊誌記者、そして、その記事に魅了された女。一発の銃声が再び、彼らの人生を狂わせる。


料金は1800円均一(3本まとめて見ることができます!)

舞台挨拶も予定しています。
詳細は追って、このブログにアップしてゆきます。




スポンサーサイト

| ニュース | 14:49 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。