『ゼロ年代全景』公式ブログ

あ、ゼロ年代が終わる。

2009年10月 | ARCHIVE-SELECT | 2009年12月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

『FROG』のひとたち その3

FROGに登場するさまざまひとたち。

さんにんめは、道男

道男
------------------
【道男】彼は、海に塩を投げ続けています。

10年間も。

海を塩味にしてるのか。
何かを浄化してるのか。
ただの病気なのか。
ひたすら、毎日毎日、10年間。

恋人にも、その理由は語らずに。


恋人は、彼の後ろをついてまわります
彼はくちをききません。
だけど、どこか、むすばれているような。

---------------------------
あなたには、どう見えるだろうか。
ちょっと楽しみです。

世界の終わりみたいな、
それでいてまったく無関係のような、
そんな存在の道男。
この映画で一番不思議な登場人物かもしれません。

彼が見ているのは、なんなのか。
色々想像しながら、楽しんでもらえればと思います。


●演じてくださったのは、倉方規安さん

ダイナミックなエンターテイメント作品が多いinncentsphereの看板役者さんです。
知り合いの紹介で、拝見させてもらったときは、もう、
ぴったりだー!と即決でした。

いでたち、顔、うごき、声、すべてが道男のイメージどおりでした。
そして、クライマックスでは、そのイメージを上回る
感情的な演技をしてもらいました。とてもドキドキするシーンに仕上がっています。

ぜひぜひ、ごらんくださいませ。


・・・さて、まだ三人目なのに、やはり
  なんか、書いてて、気持ちが入ってしまいます。
  暑苦しいでしょうか。
  
  だけど気にせず、どんどんと、
  次は、道男の恋人、郁子。
  桃生亜希子さんが演じてくださったステキな女性の話を。
スポンサーサイト

| FROG | 21:28 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

『FROG』のひとたち その2

FROGに登場するひとびと、
ふたりめは、メガネです。

メガネ
-------------
【メガネ】彼は、アキオの親友。職業は、廃品回収業者。

ひとのいらないもので金を稼ぎ、
廃品を荒地に捨てています。犯罪です。ね。

そして、彼には、記憶のおーく、そこに閉じ込めていた
過去があります。
その過去は、この物語の中で、
いくつもの登場人物をつなげる重要な事実をひきだします。
また、その記憶を思い出すきっかけになったのが、
宗教。(その宗教については、また後日。)


さてさて、
メガネは、名前の通り、メガネを掛けています。
はじめは、自らの強い意志と信念を持って、世界を見て、
行動していたメガネも、いつしか色々なものを見失ってしまう。
その象徴としての、メガネです。アキオのカメラ同様。

世界を「見る」こと。
この映画で重要な行動であり、
それは同時に、
ゼロ年代にとっても同じことが言える気がしたり。

あと付けですけど。。。


●演じてくださったのは、崔哲浩さん

劇団コーンフレークスの舞台をたくさん拝見しました。
悲しいとか、嬉しいとか、納得できないとか、
そういう感情の演技が、好きです。
だからメガネの役をやっていただきました。

そして、一緒に飲んでいて、最高に気持ちのよーいかたです。
公開後も舞台挨拶などで、崔さんがいらっしゃる日が楽しみ。


・・・てな感じで、ふたりめでした。
  さて、さんにんめは、道男。
  10年間、海に塩を投げ続ける男。
  うふふ。次回こうご期待。

| FROG | 21:06 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。