『ゼロ年代全景』公式ブログ

あ、ゼロ年代が終わる。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

ブーケガルニ 作品紹介第2弾

波多野です。

今日は「ブーケガルニ」作品紹介第2弾を
お送りしたいと思います。

そもそも、タイトルとなっている
「ブーケガルニ」
とはなんぞや?
ということから、簡単に作品についても触れたいなと。


◯ブーケガルニとは?
ブーケガルニ(仏 bouquet garni)とは、
パセリ、タイム、ローリエ、エストラゴンなどの香草類を数種類束ねたもので、
煮込み料理などの風味付けに用いられる。用途に応じて香草の種類は変わる。

ブーケ(bouquet)=束。 ガルニ(garni)=香草。
ブーケガルニ(bouquet garni)=香草の束。
という事なんです。


◯どうして「ブーケガルニ」というタイトルなの?
この物語の主人公は3人。
彼らは1つの事件によって、大きく人生を狂わされました。
3年前の拉致・監禁事件。
彼らを束ねるブーケがこの事件なら、
彼らが描き出す未来は、どんな風味になっているのでしょう?
って意味を込めてつけたのです。


彼らの言葉は、どこまでも真っすぐで、どこまでも誠実で。
でも彼らの想いは、どこまで行っても交わる事はない。
全編を通して流れる、
一種の“違和感”
言葉と想いのちぐはぐさ
とでもいうのか、
そういったものを感じていただければな、と思います。

2度、3度見ていたければ、
より深く、彼らの想いに触れることが出来るような作品になっていると思います。



公開日も決まり、
徐々に『ゼロ年代』も終わりに近づいてきました。
これからも、作品について少しずつ触れていきたいと思いますので、
応援よろしくお願いします。


波多野
スポンサーサイト

| ブーケガルニ | 12:58 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://zeronendaizenkei.blog83.fc2.com/tb.php/28-819b266c

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。